ラーメンがミシュランのお墨付きを得た軌跡

ラーメンがミシュランのお墨付きを得た軌跡

2017年12月1日にミシュランガイドの最新版『ミシュランガイド東京2018』が発売された(撮影:今井康一)

1000円以下で食べられる庶民的料理の代表格であるラーメンがミシュランを賑わせる存在になっている。『ミシュランガイド東京2018』では1つ星を獲得した店が2店舗、ラーメン部門に掲載され「お墨付き」を得たのは計24店舗になった。『ラーメン超進化論』を著し、年間700杯食べるラーメン官僚の田中一明氏がその熱狂に迫ります。





私が本格的にラーメンの食べ歩きを始めた1995年よりも2000年、2000年よりも2005年、2005年よりも今のほうがおいしい店の数が多い。それだけ、ラーメンの魅力を堪能できる機会が得られやすくなったということだ。今なら、活動拠点を一都三県に置くのであれば、控えめに見積もっても1000軒程度までは、店探しに苦労することはないだろう。

1995年頃は、たとえ、都内を中心に活動したとしても、訪問した店が300軒を超えたあたりから、おいしい店を探すのにかなりの苦労を伴った。なぜなら、私自身が身をもってその苦労を経験したのだから。20年前と今とを比較すれば、誰にもおすすめできる優良店の数がざっと3倍以上に増えた計算だ。

この話を聞けば、きっと、次のような疑問を抱かれることだろう。「わずか20年程度の間に、ラーメンのレベルがそこまで上がったのか? そんなことは、ありえないのではないか」

2017年12月現在、「Japanese Soba Noodles 蔦(つた)」と「創作麺工房 鳴龍(なきりゅう)」という、グルメ本の世界的な権威である「ミシュランガイド」が☆を付けたラーメン店が2軒ある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)