2018年、日経平均3万円到達は十分ありうる

2018年、日経平均3万円到達は十分ありうる

日経平均 20年4万円超え予想

2018年、日経平均3万円到達は十分ありうる

2018年の日経平均はどうなるのか。証券業界を代表する3人は、日本株にかなり強気だ(左から阿部修平、武者陵司、松本大の各氏(筆者撮影)

2017年の日本株は、日経平均株価が6年連続で上昇。大納会では2万2764円94銭の終値をつけ、年末の株価としては1991年の2万2983円以来の高値となった。2018年も上昇は続くのか。阿部修平・スパークス・グループ社長、武者陵司・武者リサーチ代表、松本大・マネックス証券社長の3人による「日本株・かなり強気対談」をお届けします。

■日経平均3万円どころか、4万円も“通過点”??

松本:いきなり本題に入りますが、2018年、あるいはそれ以降、日経平均株価はズバリいくらまで上がるとお考えでしょうか。

阿部:2020年の末ごろには4万円になっているでしょうね。もしくは、4万円を超えている可能性もあると思います。

武者:私も2018年には3万円、2020年には4万円もあり得ると思います。4万円も通過点で、2030年から2035年ぐらいには10万円を超えていく可能性が高いと思っています。すでにそれくらいスケールが大きい相場が始まっていて、「今はその入り口に差しかかったところ」というのが、私の考え方です。

松本:なるほど。私も去年の終わりに2019年3月末、だいたい平成が終わるころまでには3万円までいくんじゃないかというのを、会社として正式に発表したところ「すいぶん強気ですね」と言われてきたのですが、お二人はそのはるか先を行っている感じですね。

阿部:1989年に日経平均が4万円に近づいたことがありましたが、今の企業収益はその水準をはるかに超えているんですよね。ただ、設備投資や売り上げはそれほど増えていない。それでも、日本企業の付加価値は確実に大きくなっているのに、株価がそれをしっかりと評価しないということが長く続いているのです。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)