雲は見上げる存在ではなく「愛でるもの」だ

雲は見上げる存在ではなく「愛でるもの」だ

東京上空の雲の様子(写真:まちゃー / PIXTA)

身近な存在でありながら本当はよく知られていない雲の実態。雲研究者で『雲を愛する技術』を著した荒木健太郎氏が雲に対する愛と情熱を語ります。

「子どもの頃はよく空を見上げていたんだけど、最近は全然見てなかった」こんな話をよく聞きます。みなさんは覚えているでしょうか、いかにも夏という感じの、青空に映えるモクモクした雲の壮大さを。みなさんは見たことがあるでしょうか、激しい雷雨の過ぎ去った空にかかった、心打たれるような美しい虹を。

雲は空を見上げればほとんど毎日見ることのできるとても身近な大自然です。もしかすると、殺伐とした社会の中で大人になり、空を見上げる機会の少なくなってしまった方が多いのかもしれません。

■雲を愛する技術とは

雲には様々な姿の子がいて、名前も違えば性格も違います。人間と同じく個性があるのです。みなさんにも気になる人がいれば、その人の名前や性格を知りたくなると思います。見た目の美しさや格好良さも含めて好きになってくると、その人を観察し続けるので、背の高さやよく一緒にいる人、育った環境、行動パターンがわかってきます。だんだん好きをこじらせてくると、行動を先読みして会いにいけるようにもなります。これらは全て人だけではなく雲の話に置き換えることができます。

地球で生きる私たちは、雲とは深い縁で結ばれています。雲はほとんど毎日顔を合わせるので、家族のような存在です。そんな身近な存在だからこそ、見た目だけでなく性格や行動パターンを少し知っておけば、相手のことを好きになって上手に付き合えるようになるのです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)