厳選!「ぜひ読んでほしい」2017年の鉄道記事

厳選!「ぜひ読んでほしい」2017年の鉄道記事

おなじみのJRマーク、実は「NR」になる可能性もあったのを知っていますか?(撮影:尾形文繁)

1月2日の記事では、昨年1年間の東洋経済オンライン「鉄道最前線」でページビューが多かった記事トップ20を紹介した。今回はトップ20以外の記事の中から編集担当者がセレクトした「見逃していたとしたら、ぜひ読んでもらいたい記事」を14本紹介する。独自の着眼点が光る記事や入念な取材に基づく深掘り記事など、「目からウロコ」の珠玉の記事を配信日順にご紹介する。

■JRは「NR」だったかもしれない?

●JRマーク作成の舞台裏、「NR」も候補だった(2月27日)

2017年に発足30周年を迎えたJR。言うまでもなくJは「Japan」の頭文字だ。だが、もしかしたらそのロゴマークは「NR(Nippon Railway)」になっていたかもしれなかった。国鉄分割民営化に際し、JRのロゴマークやタイポグラフィなど一連のCI(コーポレートアイデンティティ)を手掛けたデザイナーの山本洋司氏に聞く当時の舞台裏。もしマークが「NR」になっていたら、JリーグやJT(日本たばこ産業)、JA(農協)など「J」の流行はなかったかもしれない。

●中央線快速の車窓に映る「あの山」の名前は?(3月19日)

ビルや住宅が途切れることなく続き、「車窓風景を楽しむ」ことからは縁の遠そうなイメージの都市部の通勤電車。だが、東京周辺の鉄道路線の中には、住宅街の向こうに名峰、名山の眺望が広がる路線が意外にも多い。中央線はその代表格。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)