「Apple Watchで命を救う」アップルの挑戦

「Apple Watchで命を救う」アップルの挑戦

Apple Watchの心拍センサーは、緑色のLEDと赤外線を手首に照射して血流を読み取る方式を採っている(写真:2017年9月にApple Parkで開催されたイベントで筆者撮影)

アップルは昨年11月、不規則な心臓リズムを検出するアプリ「Apple Heart Study」を米国向けにリリースした。アップルはスマートウォッチ「Apple Watch」を、命を救う道具として活用しようとしている。

友人関係、コミュニケーション、位置情報、決済など、さまざまなデータがスマートフォンに集められるようになる中で、自分の健康に関するデータはいまだにその多くが収集されていないままだ。多くの健康な人にとってはさほど必要性を感じないかもしれないが、なんらかの疾患がある人、体調やその変化に注意しなければならない人にとっては、スマートフォンはデータの収集と記録、異常の検出にはよいデバイスといえる。

しかしスマートフォンをポケットに入れているだけではなかなか、体調に関するデータを集めることはできない。そこで、フィットネストラッカーやスマートウォッチといった、より自然につねに身に着けられるほかのデバイスでのデータ収集が必要になる。「Apple Watch」はまさにうってつけというわけだ。

■順調に進化してきた「Apple Watch」

アップルは、初代Apple Watchを2014年9月に発表、2015年4月に発売。2016年にはApple Watch Series 2が防水機能を強化してスイミングに対応し、2017年のApple Watch Series 3ではiPhoneと同じ番号で単独での通話・通信が可能なセルラーモデルを追加した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)