芸能事務所アミューズ、スポーツ参入の勝算

芸能事務所アミューズ、スポーツ参入の勝算

2017年9月、桐生祥秀選手は100メートル走で日本新記録となる9秒98をマークした(写真:共同通信)

今年6月にデビュー40周年を迎えるサザンオールスターズを筆頭に、福山雅治やPerfumeといった人気ミュージシャンを擁する大手芸能プロダクション、アミューズ。人気の若手俳優も多く所属し、芸能プロダクションとしては数少ない東証1部上場企業だ。

そのアミューズは1月17日、陸上100メートル走で日本人初の9秒台を実現した桐生祥秀選手と4月1日よりマネジメント業務を開始すると発表した。2017年末には、エージェントとしてフランスの強豪サッカーチームであるパリ・サンジェルマンFC所属のブラジル代表、ネイマール選手とフリマアプリを展開するメルカリとのグローバルブランドアンバサダー契約を仲介。

そして、2017年6月末にスポーツビジネスに本格参入してからわずか半年ながら、バレーボールの元日本代表の竹下佳江氏やドイツ1部リーグで活躍する柳田将洋選手、2回目のマラソンで日本歴代5位の記録を出し東京オリンピックに向けて期待が集まる長距離走の大迫傑選手、平昌オリンピック日本代表に内定しているスノーボードハーフパイプの松本遥奈選手ともマネジメント契約を結んでいる。

これまでミュージシャンや俳優のマネジメントを手掛けてきたアミューズが、新規参入のスポーツ分野で目指すものは何か。欧州でのアジア人初のプロアイスホッケー選手として強豪チェコリーグなどでプレーした経験を持つ、スポーツビジネスプロジェクトのエグゼクティブプロデューサー・坂田淳二氏に聞いた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)