投資家は「上海総合指数」を重視してはいけない

投資家は「上海総合指数」を重視してはいけない

上海総合指数は中国企業の成長力を表していない?(写真:Featurechina/アフロ)

いつから始まったのか定かではないが、日経平均株価が上海総合指数の影響を受けるようになった。とりわけ、株価が大きく下がった際、「今日は上海株下落の影響を受けましたね」などと真剣な表情で語る市場関係者が少なくない。

一方で、春節明け(2月11日以降)に上海株が急速に上昇し始めたときは、東京市場でその影響がほとんど無視された。これはどう考えてもおかしい。また時差の関係で東京市場は前場では前日のニューヨーク市場の影響を受け、後場にさしかかると、今度は上海市場の動きに一喜一憂するなどしており、日本独自の材料はほとんどない状況だ。

しかし、もし東京市場がアメリカ株と中国株の影響を強く受ける受け身の市場であれば、ファンドマネジャーやストラテジストといった市場関係者の存在価値はなくなり、資産運用をAIに任せればよくなってしまう。アメリカの株式市場についての論評は、筆者は専門家ではなくプロに任せるが、「日本株が上海株の影響を受けている」という指摘については異議を唱えたい。

■中国の株式市場では、当たり前の常識が通用しない

確かに、グローバル化とIT化が定着し情報が瞬時に拡散されるようになったことに伴い、異なる市場でもお互いの値動きの影響をより受けやすくなっているのは事実だ。とりわけ、日本と中国については、時差が少ないうえ、ヒト・モノ・カネのつながりも日増しに強まっている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)