「暴走老人」になりかけた孤独男性の慟哭と絶望

「暴走老人」になりかけた孤独男性の慟哭と絶望

人生100年時代だからこそ、いざという時に支え合い、誰か頼れる人がいるという安心できる社会を築くべきでは?(写真:motortion/PIXTA)

孤独は健康に悪影響をもたらす。世界では今、孤独が「現代の伝染病」として、大きく取りざたされているが、日本では、孤独がポジティブにとらえられがちだ。

著書『世界一孤独な日本のオジサン』の中でも述べたように、寂しく不安な思いであるlonelinessの「孤独」は、1人の時間を楽しむsolitudeとはまったくの別物。健康を害すると言われているのはロンリネスのほうの孤独である。

ロンリネスの孤独は自立・独立の意味ではなく、物理的に独居や独身であるかなども関係はない。頼る人も支えてくれる人もいない「孤児」のような不安定な精神状態を指している。

人間は本来、群れの中で生きる社会的動物であり、そこからはぐれることは精神的に大きなストレスを与えられると言われている。「1人の時間が楽しい」と感じる人は問題がないが、孤独の不安や寂しさを長期にわたって我慢することは、心身にとって決して望ましいことではない。

■「孤独」は社会的なつながりの欠如から生まれる

時として孤独に耐えたり、1人で沈思黙考する時間も必要だが、人生100年時代に、20年も30年も「孤独」を感じながら生き続けることは容易ではない。「孤独を愛するものは野獣か、そうでなければ神である」とは哲学者アリストテレスの言葉である。虐待やいじめなど、日本の多くの社会問題のB面にはつながりの欠如、孤独という問題が隠れている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)