日本初のW杯で主将、井原正巳の苦悩と充実感

日本初のW杯で主将、井原正巳の苦悩と充実感

1998年6月14日のフランスワールドカップ第1戦アルゼンチン戦での井原正巳氏(写真:写真:FAR EAST PRESS/アフロ)

1月の2019年アジアカップ(UAE)で決勝まで勝ち上がりながら、伏兵・カタールに苦杯を喫し、準優勝に終わった森保一監督率いるサッカー日本代表。あれから1カ月以上が経過したが、2020年東京五輪世代である20歳のセンターバック・冨安健洋(ベルギー・シントトロイデン)の目覚ましい働きは、今もなお多くの人々に賞賛されている。

「冨安はあれだけのサイズ(188p)がありながら、技術的にもしっかりしていたし、フィジカル的にも年齢に応じて向上していった。アビスパ福岡にいた頃から『まだまだ伸びしろがある選手』だと思っていましたけど、ベルギーに行ってより逞しくなっているなと。

あの年代で世界のスタンダードを感じながら戦えるのは本当に前向きなことだし、さらに成長できると思いますね」としみじみ語るのは、福岡時代に3年間、監督として直々に指導した井原正巳氏(現・J2柏レイソルヘッドコーチ)である。

■この20年で日本人DFを取り巻く環境は激変した

かつて「アジアの壁」と称された日本代表DFが史上初のワールドカップの大舞台に立ってから21年。日本は6度のワールドカップに出場し、ベスト16入りを3度経験するに至った。

教え子の冨安のみならず、2014年ブラジル・2018年ロシアの2大会を経験した吉田麻也(イングランド・サウサンプトン)、ロシアのメンバーである昌子源(フランス・トゥールーズ)や植田直通(ベルギー・セルクル・ブルージュ)のように日本人DFの海外進出が急増し、各クラブで重要な役割を担うようになってきている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)