個人投資家は「5銘柄」への分散がちょうどいい訳

個人投資家は「5銘柄」への分散がちょうどいい訳

新高値ブレイク投資法では、リスクを分散するために銘柄と資金を5分割して購入します(写真:yu_photo/PIXTA)

岸田首相がNISA制度の改革を表明するなど、「貯金から投資」への流れがますます加速している今日この頃。しかし、株や投資信託の数が多すぎて、「結局、どの株が買えばいいのか」「あわよくば儲かるのか」と早くもさじを投げている人もいるのではないでしょうか。

そんな中、資産5億円超えの投資家のDUKE。さんは、「新高値ブレイク投資」という手法を提案します。「忙しい人でも1日10分から始められる 3年で3人の『シン億り人』を誕生させたガチ投資術」から一部抜粋してお届けします。

第1回:投資で儲けたい人は、このポイントを押さえよ

第2回:資産5億超え投資家がこっそり指南、2つの買い時

新高値ブレイク投資法では、リスクを分散するために銘柄と資金を5分割して購入します。今回はこれを解説します。

株式市場で生き残るための戦略を意識するファンダメンタルズの分析を経て投資する銘柄が決まったら、買い注文を入れていきます。しかし、主な投資対象としている成長株は株価の変動が大きいため、リスク管理が最も重要になってきます。リスク管理は、株式投資をする上で最も重要不可欠なものであり、これを間違えると、最悪のケースでは市場から退場することになってしまいます。

株式投資家で利益を出している割合は、一般的に全体の10%程度と言われています。残りの90%は損(または大損)をしているか、せいぜいトントンの成績と考えられます。プロと同じ土俵で戦うのですから、厳しい世界であることを認識するのがいいでしょう。まずは、生き残ることを最優先として、儲けるのはその後と考えてみてください。

生き残り戦略のポイントは3つです。

〈生き残るための3つのポイント〉

・銘柄数の分散

・エントリータイミングの分散(分割買い)

・ロスカット(損切り)

続きは 東洋経済オンライン で

関連記事(外部サイト)