カリスマ投資家が実践している節税方法とは?

カリスマ投資家が実践している節税方法とは?

株を買って配当を受け取るのはうれしいが、しっかり節税もしたい。カリスマ投資家がいつも実践している方法がある(写真:8x10/PIXTA)

日本株は一時2万1000円を割れたものの、その後は反発。3月は配当・権利取りの銘柄がもっとも多い月。カリスマ投資家の内田衛氏も確定申告を済ませつつ、しっかりお得な銘柄に照準を定めていたようだ。早速、「株日記」で振り返ってみよう。

■すかいらーくHDのグループ会社で食中毒!

【2月25日 月曜日】先週末の日経225先物は、40円高の2万1440円。NYダウは181ドル安の2万6031ドル。1ドル=110.65円、1ユーロ=125.38円。

今日は、2月権利付き最終売買日で、保有銘柄ではホームセンターのDCMホールディングス(3050)、パルコ(8251)、大和ハウスリート投資法人(8984)、日本BS放送(9414)、吉野家ホールディングス(9861)の5銘柄。

また、2月25日は、日経平均の日別勝率ランキング1位(19勝4敗、82.6%)で、1985年10月から2017年9月までで最も上昇する確率が高い日なのである。8時27分、日経速報メールで「アメリカ対中貿易交渉期限を延期とトランプ大統領表明」の報道もあり、日経平均株価は、過去の経験則通り102円高の2万1528円と反発した。

【2月26日 火曜日】日経225先物は、20円高の2万1570円、NYダウは、60ドル高の2万6091ドル。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)