波乱の「英国EU離脱」は急転直下の3月合意も

波乱の「英国EU離脱」は急転直下の3月合意も

メイ首相(左)はユンケル欧州委員会委員長(右)と修正文書を交わしたが、離脱協定案はまたも否決された(写真: REUTERS/Vincent Kessler)

混乱する英国議会――。英国の欧州連合(EU)からの離脱期限(3月29日)が10日余りに迫っている。だが、12日、議会はテリーザ・メイ首相がEUと合意した離脱案の受け入れを賛成242・反対391、149票の大差で否決した。懸案となっている北アイルランド国境管理の安全策を見直し、1月の初回投票時の230票差から縮まったものの、野党勢の大多数に加えて、メイ首相が率いる与党・保守党の75議員、閣外協力する北アイルランドの地域政党・民主統一党(DUP)の全10議員が反対票を投じた。

政府案が再び否決されたことを受け、13日には「合意なき離脱」を回避するか否かを問う採決が、14日にはEUとの協議期限延長の是非を問う採決が立て続けに行われた。

前者は可決され、合意なき離脱の回避が選択された。だが、親EU派の閣僚4名を含む31名の与党議員が投票を棄権、17名が党議拘束に反する賛成票を投じた。おまけに、投票に先駆けて行われた修正動議では、EU懐疑派の閣僚と与党議員の総勢149名が、政府の離脱方針とは異なる離脱案に賛成票を投じた。

後者も可決され協議期限の延長を要請することとなった。だが、閣僚辞任を恐れて議員の自由投票を認めた結果、保守党議員の188名が反対票を投じた。投票直前の演説で政府案への支持を呼び掛けた保守党議員が自身は反対票を投じ、党議拘束をかける役割を担う保守党の院内幹事長が投票を棄権した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)