旧博物館動物園駅、「変えない」修復のこだわり

旧博物館動物園駅、「変えない」修復のこだわり

真新しい扉が設置された旧博物館動物園駅の中には何がある?(写真:京成電鉄)

前回の記事(まぼろしの「博物館動物園駅舎」復活の舞台裏)では、旧博物館動物園駅が21年の廃駅を経て、どのような経緯で再び扉を開けたのか、その裏話を関係者に取材した。 今回は、1933年に代々引き継がれてきた世伝御料地にオープンしたその壮麗な姿、そして歴史を感じさせる佇まいを、いかに壊さぬよう修復をしたのか、まさに芸術ともいえる改修工事について、東京藝術大学の日比野克彦美術学部長と、京成電鉄の鉄道本部施設部工務課・久保田真矢氏に話を聞いた。

■駅舎が解体されると記憶も消えてしまう

まずは東京藝術大学出身であり、博物館動物園駅を文字通り身近に感じていたであろう日比野氏に1980年頃の学生時代の印象を聞いてみた。

「友人が京成線沿線に住んでいたので、よく使っている身近な駅でした」と、さらりと言ったあと「でもね」と続けた。「身近だったけれど、博物館動物園駅にはあの駅にしかない魅力があった。普通の駅とはまったく違う異様な迫力を感じていた」

その後、藝大勤務となり、駅の扉が閉まっているのは通勤途中にいつも見ていた。 「あんなに立派な扉だからいつか開くのだろう。まさか、このまま閉まっているはずはないだろう」と、うっすら考えていたという。

日比野氏は言う。なじみ深い古い建物があっても、工事の囲いがされ、壊されて、次に新しい建物が建つと、記憶は上書きされて消えてしまう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)