50代以上の親の卒婚後恋愛がかなり厄介なワケ

50代以上の親の卒婚後恋愛がかなり厄介なワケ

もし親が新しいパートナーと再婚したらどうする? 子どもなら素直に祝ってあげたいが、そうもいかないようだ(写真:kou/PIXTA)

新たな“夫婦の形”として定着しつつある「卒婚」ですが、平成最後の日が近づくなか、元貴乃花親方と元フジテレビアナウンサーの河野景子さんの離婚をきっかけに、その定義が変わりつつあるのを感じます。これまでの卒婚は婚姻関係を続けながらも、お互いに干渉することなく、それぞれの人生を楽しく過ごすものでした。「結婚を卒業します」という元貴乃花親方の発言が、卒婚の風向きを変えているのでしょうか。

元貴乃花親方と河野景子さんの件が象徴的なのでしょうが、夫婦の本音が顕在化しているのを実感します。なぜなら、ファイナンシャルプランナー&夫婦カウンセラーの私の所にも昨年の夏ごろから、今までとは異なる夫婦間の相談が増えてきているからです。それは一時的な感情や憎悪からくる夫婦問題ではありません。「本当にこの人でいいのか?」という根源的なものです。多くは、少なくても5年以上も離婚を考えてきた方が多く、年齢も40歳以上、特にアラフィフの方に多い傾向です。

■離婚のXデーは「子どもの受験と就職」

「円満な夫婦なら離婚なんてしません」と、元貴乃花親方は言いました。確かにそうなのでしょうが、「円満ではない」と言っても、ひと昔前の芸能人のような泥沼離婚は減っています。実際、2018年に離婚した芸能人夫婦の多くは、表面的には「円満離婚」でした。

一般の方にもその傾向は当てはまります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)