「STI」トップが語るスバルとは全く違う役回り

「STI」トップが語るスバルとは全く違う役回り

STI モータースポーツデーのメインステージ。大勢のSUBARUファンが詰めかけた(筆者撮影)

2019年3月10日、静岡県の富士スピードウェイにSUBARUファン約5000人が集結した。SUBARUのスポーツブランド、STI生誕30年を祝う「STI MOTORSPORT DAY(STI モータースポーツデー)」が開催されたのだ。

STIとは、スバル・テクニカ・インターナショナルの略称。1988年4月、「SUBARUを世界一に」を使命として設立され、1990年代には3年連続で世界ラリー選手権(WRC)チャンピオンを獲得。2008年にWRC参戦休止後は、2ドアスポーツカーのBRZをベースに国内スーパーGT300、さらにツーリングカーレースとしては世界で最も過酷なドイツ・ニュルブルクリンク24時間レースにSTIとして参戦している。

量産車では、WRXを中心にWRCで培った技術を盛り込んだハイパフォーマンスカーを展開。近年ではスポーティイメージのSTIスポーツを、量産車のグレードとして設定して人気を博している。

また、究極のSTIとしてSシリーズを日本国内向けのみとして展開。最新作のS209を2019年1月の北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー)で世界初披露した。ところが、まさかの北米専用モデルとの発表に「日本でのSTIは今後、どうなってしまうのか?」という不安の声も一部にある。

そこで今回は、STI モータースポーツデーの現場を取材し、STI代表取締役社長の平川良夫氏に単独インタビューを行い、STIの現状と今後の事業戦略について詳しく聞いた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)