「日本のツイッター」が世界を牽引している理由

「日本のツイッター」が世界を牽引している理由

いまや「Twitterは代替不能なインフラ」になっている。写真はTwitter Japanのエレベーターホールにある寄せ木細工のロゴ(筆者撮影)

Twitterはすでに、スマートフォンユーザーの多くにとって「当たり前のアプリ」になりつつある。現在の最新のニュースが得られるだけでなく、友人との体験の共有、そしてさまざまな議論が飛び交う「場」として機能している。日本のユーザーは4500万人に上る。

■いまやTwitterは「代替不能なインフラ」に

確かにSNSの中では成長性やユーザー数の面で派手さはないかもしれない。しかし筆者はアメリカ生活の中で、他のSNSとは異なり、Twitterが代替できないインフラであるという気づきを得た。

日本と同様に、アメリカでも事件や事故が起きると、警察や消防、報道のヘリコプターが飛ぶ。つまり、近所でそうした事件に巻き込まれる可能性があり、「いったい何が起きているのか」を調べる方法はTwitterしかないのだ。アメリカには銃があり、Twitterでの近所の検索は命を落とすリスクを避ける手段になる。しかし他のSNSではそうした検索ができなかった。その点からアメリカでも「Twitterは代替不能なインフラ」になっていると感じた。

そんなTwitterも成長のペースを取り戻している。直近の2018年第4四半期決算は7億9100万ドル(およそ882億円)。前年同期比で23%増加した。営業利益は88%増の2億700万ドル(およそ231億円)だった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)