プログラミング教育を進める現場に必要な視点

現場の警戒感は相当である。

おそらく、2020年度の実施段階に至っても、省庁やコンソーシアムが公開するベストプラクティスを模倣しながら、恐る恐るの試行錯誤を始める学校が大勢を占めるだろう。 今はもう2019年、本来であればカリキュラムが確定し、そこで求められる什器・備品が発注されるべき時期であるが、今回のプログラミング教育導入に際しては、それすら間に合っていない学校も多い。

特に初年度については、アンプラグド(コンピューターを利用しない情報教育)が行われる学校も現れるだろう。 もちろん、それは悪いことではない。今回導入されるプログラミング教育の神髄が、コーディング技術の習得ではなく、プログラミング的思考の育成にあるのならば、パソコンやタブレットを利用したコーディング技術の教育は必須ではないからだ。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)