「大学院卒の採用が多い会社」ランキングTOP200

「大学院卒の採用が多い会社」ランキングTOP200

ホンダが「大学院卒を多く採用する会社」の1位に。

文科省の学校基本調査によると、2018年3月に約7.1万人が大学院を修了し、うち8割弱の5.6万人が就職を決めている。大卒の就職者数43.6万人の1割強にすぎないが、大学院卒を多く採用する企業は少なくない。

『就職四季報』では男女別や文理別だけでなく、大卒者と大学院(修士)修了者別の内定者数も調査している。大学院卒が数多く就職する企業はどこかを見るために作成したのが「大学院卒の採用が多い会社ランキング」だ。

ランキングは『就職四季報2020年版』(総合版)のデータ(2018年7〜8月調査)から、2019年4月入社の内定者数を用いて作成している。大卒・大学院卒別の内定者数を回答していない企業もあり、掲載約1300社のうち、院卒の採用が1人以上いる会社は864社となっている。

ランキング1位はホンダで、院卒の採用数は363人。同社は、3月16日の配信記事「『理系学生の採用が多い会社』ランキングTOP200」でも、1位となっていた。院卒・大卒にかかわらず、自由闊達に研究できる環境は、学生に魅力的なのだろう。

2位はダイキン工業。関西が地盤の空調機器のトップメーカーで、世界90以上の生産拠点を持つ。フッ素化学事業にも力を入れており、化学系の学生の採用も多い。

■重厚長大メーカーが院卒生を多く採用

大学院卒採用者のうち文系の数についても記載した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)