東武鉄道が取り組む「埼玉への移住促進」大作戦

東武鉄道が取り組む「埼玉への移住促進」大作戦

東武鉄道が埼玉への移住促進

そして主に子育て世代へ、3年の定期借家として貸し出す。

家賃保証はJTIが家賃から貸主側へ支払うお金を差し引いた分を積み立て、一般社団法人「高齢者住宅財団」の基金で債務保証も行う。また、耐震面でもJTIの仕組みを利用する際に耐震診断・保証を行う。

この仕組みで、子育てを終えたシニア世代の田舎暮らしやまちなか居住といったセカンドライフと、これから子育てを行う若い世代の双方を支援している。シニア世代はサブリースで家賃保証があるために家賃収入の心配がいらず、子育て世代は安値で一軒家を借りることができるのがこの制度のメリットだ。そして、空き家対策やストック活用にもつながる。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)