冨安健洋20歳、サッカー「日本代表DF」の未来像

冨安健洋20歳、サッカー「日本代表DF」の未来像

ベルギーのシント=トロイデンVVに所属する冨安健洋(筆者撮影)

冨安健洋がシント=トロイデンVVで欧州サッカーデビューを果たしたのは2018年5月だった。ベルギーリーグ2年目のシーズンとなった7月からはレギュラーで試合に出場、9月には日本代表にも招集された。

今年1月に開催されたアジアカップ(UAE開催)での目覚ましい活躍は周知のとおりだ。この3月22日の親善試合・キリンチャレンジカップのコロンビア戦、26日のボリビア戦のメンバーにも選ばれている。

この1年足らずで急成長を遂げた冨安。昨年5月に続き、3月初旬に筆者はシント=トロイデンに訪れた。

■所属クラブは日本人が急増

冨安は中学3年生でアビスパ福岡のトップチームのキャンプに参加。高校2年時にJリーグの公式戦デビューを果たした。高いレベルでのサッカーに刺激を受け続けてきた冨安は自らに足りないものを自覚し、練習を重ねてきたのだろう。

アビスパ福岡からシント=トロイデンVV、そして日本代表に。20歳になった今もその姿勢は変わらない。冨安のポジションであるセンターバックは後ろから指示を出したり、ディフェンスラインのコントロールなど言葉を発する機会が圧倒的に多い。英語学習にも励んでいるという。

ゲームや動画配信などを手がけるDMM.comグループが2017年11月にチームの経営権を取得してから1年半が経過した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)