ポストGoProの「Insta360」は一体何が凄いのか

ポストGoProの「Insta360」は一体何が凄いのか

ソフトバンクC&Sの「Insta360 EVO」。折りたたんで撮影することで360度撮影が可能となる(筆者撮影)

ソフトバンクC&Sが3月14日に予約を開始した「Insta360 EVO」(直販価格5万6570円)は、昨年モデルの「Insta360 ONE X」とともに、ビデオカメラ市場に大きなインパクトを与えるかもしれない。

両製品はいずれも「全天球カメラ」と呼ばれるジャンルの製品。Insta360はブランド名で、開発は中国とアメリカに拠点を持つShenzhen Arashi Visionが開発している。

昨年10月に登場したInsta360 ONE Xは、5.7K(長辺が約5700画素の高精細映像)から、3Kながら毎秒100フレームの高速撮影(スローモーション撮影)までの撮影を高画質にこなしつつ、小型軽量かつ5万円台の低価格を実現。別売りにはなるものの、防塵防滴を実現するハウジングを用意することで、GoProが君臨するアクションカム市場に食い込んできている。

■新製品の「Insta360 EVO」の特徴とは?

新製品のInsta360 EVOはONE Xとほぼ同等のスペックを実現しつつ、180度(半球)の3D映像を撮像する機能も同時に備える機構設計が与えられた。180度3D撮影した映像は、VRコンテンツとして楽しむことができる。

360度映像は独自の再生環境がウェブ上で用意されているほか、Facebook、Instagram、YouTube、LINEなど、多くの動画共有サイトやSNSがサポートしている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)