スバル、最上級モデル「S209」日本投入はあるか

スバル、最上級モデル「S209」日本投入はあるか

1月にSUBARUが北米国際自動車ショーで発表した、Sシリーズ初となるアメリカ市場向けモデル「S209」(写真:スバルグローバルメディアサイト)

SUBARUのスポーツブランド・STIが創立30年を記念し、ファンとの交流の場として「STIモータースポーツデー」(2019年3月10日:静岡県の富士スピードウェイ)を開催した。その際、STI社長の平川良夫氏に話を聞く機会を得ることができた。

東洋経済オンラインでは3月18日に、STIに求められる役割や今回のイベントの狙いについて平川氏へのインタビュー記事を配信した。後編では、今年1月に発表されたハイパフォーマンスモデル「S209」について、じっくり聞いていく。

■北米S209はグローバル展開の第一歩

――何かと話題のS209についてお聞きします。1月に北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー)では、アメリカ専用モデルとして発表しました。となると、日本市場向けの別のS209があるのか、それとも日本向けにS210? はたまた22Bの後継が登場など、さまざまな噂があります。そのあたり、ズバリどうなのでしょうか。

北米S209については、いくつかの視点でお話しさせてください。第1に、Sシリーズをこれまで日本市場専用としてきたことは、本来のSTIの(あるべき)姿ではないと思います。

例えば、(東京の)三鷹のSTI本社には小さいですがSTIギャラリーがありまして、30周年を機に建屋の中にある柱に好きなメッセージを書いてもらうようにしました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)