子どもを「花粉症にさせない」ためにできること

子どもを「花粉症にさせない」ためにできること

免疫の強い子と弱い子の違いはどこで生まれるのでしょうか。そこには「動物と触れ合うこと」が深く関係していました(写真:MakiEni/PIXTA)

つらい花粉症の季節がやってきた。目は痒く、鼻はむずむずし、くしゃみが止まらない……。わが子にはこんな目に遭わせたくないと考える親御さんもいるだろう。

子どもを花粉症から守りたいなら一体どうすればいいのだろうか? 実は、幼少時に動物と触れ合うとアレルギーを発症しにくいという研究結果がある。町で育った子どもと比べて、牧場で育った子どもは花粉症や喘息になることが半分ないし3分の1少なかったのだ。

シカゴ大学外科学教授のジャック・ギルバートらが上梓した『子どもの人生は「腸」で決まる 3歳までにやっておきたい最強の免疫力の育て方』は、「子どもを牧場に連れていくべき?」「薬用石鹸を使うべき?」「抗生物質は腸に影響する?」といった親御さんからの素朴な疑問に答える内容となっている。ここでは、本書の本文から抜粋し、一部編集のうえ掲載する。

■干し草に寝転び、動物と触れ合おう

これまでの研究で、清潔すぎる環境はかえって子どもによくないことがわかっている。一方、細菌と触れ合うことで子どもの免疫力は高まり、病気になりにくくなる。それでは、子どもを適度に細菌に触れさせるにはどうすればいいのだろう。

信頼できる最新の研究結果によると、「子どもを牧場に連れていくべき」と言える。できるだけ早期に、しかもできるだけ頻繁に連れていってあげよう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)