「潮田はノー」、リクシルに投資家が解任要求

「潮田はノー」、リクシルに投資家が解任要求

機関投資家から「ノー」を突きつけられた、LIXILグループの潮田洋一郎・会長兼CEO(2019年1月、記者撮影)

LIXILグループ(以下リクシル)の不透明なガバナンスに対し、機関投資家がついにしびれを切らした。イギリスのマラソン・アセット・マネジメントやポーラー・キャピタル・ホールディングスなど機関投資家4社は3月20日、共同で「リクシルに対し、臨時株主総会の招集請求を行った」と発表した。

同社では2018年10月31日、社外から招聘した代表執行役の瀬?欣哉・社長兼CEOが突然辞任。後任には創業家の潮?洋?郎氏が会長兼CEOに復帰し、社外取締役の山梨広一氏がCOOに就任した。

その理由について潮田氏は、当時の会見で持ち株会社の必要性など瀬戸氏との「認識の違いが最後まで埋まらなかった」と説明したが、メディアや機関投資家は納得をせず、いらだちを募らせていた。

こうした状況を受けてリクシルは2月25日、外部の弁護士に依頼して行った報告書の要旨を公表。潮田氏が指名委員会に対して瀬戸氏が辞任する意向があるように説明したこと、瀬戸氏に対しては指名委員会の総意なので辞任するように促した事実を認定している(ただし、人事に関する取締役会の決議は有効とした)。

不十分な説明を続けるリクシルに対して、機関投資家4社はついに潮田氏と山梨氏の解任に動き出した。しかも、この動きに社内取締役の伊奈啓?郎氏も賛同して共同提案者に名を連ねている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)