イチローの「28年間」が変えた日本人の野球観

イチローの「28年間」が変えた日本人の野球観

3月21日に引退を発表したイチロー(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

3月21日、筆者は東京ドーム右翼2階席で眼下のイチローを見つめていた。

オリックス・ブルーウェーブ時代の1994年、シーズン210安打という破天荒な記録でスターダムに躍り出てから、イチローはすべての野球ファンにとって、つねに話題の中心にいる選手となった。

イチローのプロ野球選手としてのキャリアは28年の長きに及ぶ。

この間にイチローは、野球ファンのライフスタイルにも大きな影響を与えてきた。ここでは「イチローが変えたもの」について考えたい。

■パ・リーグ初の「国民的英雄」に

1994年の210安打は、130試合制で樹立されたものだ。以後、5人の選手が200安打以上を打ったが、すべて143、144試合制でのもの。210安打は、埼玉西武ライオンズの秋山翔吾の216安打、阪神タイガースのマット・マートンの214安打に続き、史上3位だが、試合数を考えれば別格と言えるだろう。

イチローは数字を残しただけではない、シャープな打撃、俊敏な走塁、超人的な強肩でも観衆を驚かせた。そしてそれ以上に、遠目でもはっきりと区別ができるしなやかで美しい身のこなし、そして求道者のようなストイックな言動などで、カリスマ的な存在となり、多くのファンを集めた。

これまでもパ・リーグは多くの人気者を輩出してきた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)