日本語学校、空前の「開設ラッシュ」に潜む不安

日本語学校、空前の「開設ラッシュ」に潜む不安

日本語学校の開設ブーム到来

日本語学校、空前の「開設ラッシュ」に潜む不安

日本語学校大手「赤門会日本語学校」が3月に都内で行った卒業式。今年は35カ国から来日した約700人が巣立っていった(撮影:山内信也)

「今年2月に41校もの日本語学校の新設が認められた。これは半端な増え方じゃない」――。

1980年代に日本語学校の経営を始めた古参経営者は、「ひょっとして日本語学校は儲かると思って錯覚している人も多いのだろうか」と嘆息する。

■2019年はすでに41校が開設

日本語学校は外国人留学生が来日したときの最初の受け皿になる、いわば外国人にとって「日本の顔」というべき存在だ。日本の大学に進学するにしても、日本の企業に就職するにしても、まずは日本語学校に入って一定程度の日本語を身につける必要がある。ここ数年、その日本語学校の開設ブームが起きている。今年2月19日現在で法務省が認めた、いわゆる「法務省告示の日本語教育機関」の数は749に達した。





毎年の新規開設と抹消の推移をみると、ここ数年の新規開設数の多さが際立っている。2015年は41校、2016年は50校と増え、2017年は77校に。2018年もほぼ横ばいの72校で、2019年は2月19日現在で41校の開設がすでに認められている(1990年は制度初年度のため、新規告示校は409校と多い)。





全国の日本語学校176校でつくる全国日本語学校連合会の荒木幹光理事長は「日本語学校は800校近くまで増えたが、金儲けを目的とする、不真面目な一部の学校経営者とわれわれを一緒にしてもらっては困る。大半の日本語学校は現地に行って面接と試験をし、目で見てしっかり留学生を選んでいる」と訴える。荒木理事長によると、学校の開設母体は、企業が技能実習の外国人従業員のために設立したり、大手学習塾の参入もあったりするようだ。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)