中堅高校が「学校内個別指導塾」を導入するわけ

中堅高校が「学校内個別指導塾」を導入するわけ

東亜学園高校の図書館に設置された自習室。仕切り付きのいすや机など、備品を一新した(撮影:尾形文繁)

「ピッ!」「ピッ!」

生徒たちは入退室管理の機械に専用カードをかざすと、カウンターの職員から座席指定を受け、自習室の方々に散っていく。大学入試が終わり3年生は来ないが、それでもわずか数分間のうちに20〜30人が入室した。

3月中旬の午後3時過ぎ、ここは東京都中野区の私立東亜学園高等学校(共学)。野球やバレーボールの強豪校として全国的に有名だが、学力的には卒業生の2割程度が日東駒専、GMARCHに進学する、いわば中堅クラスの学校である。少子化に加え、2020年の大学入試改革を控えており、「何か特色がなければ生き残れない」というのが、東亜学園を含めた中堅クラスの学校の共通認識だ。

■自習室内に個別指導塾の社員が常駐

東亜学園が動いたのは2017年4月。図書館に自習室を併設、仕切り付きの机やいすなど備品を一新し、新学期に合わせてリニューアルオープンした。

ハード面だけではない。自習室には有名大学の現役学生がチューターとして詰めていて、生徒の質問に答える。さらには、一人ひとりの学習計画に合わせ、専用ブースで個別指導を受けることもできる。自習室は通常は授業終了後、午後8時まで、夏休みなど長期休暇の時は午前7時30分から午後8時まで利用可能だ。

そこまで教師が付き合うの? とびっくりするかもしれないが、自習室内に東亜学園の職員が常駐しているわけではない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)