日本人は経済を「信仰の対象」にしてしまった

日本人は経済を「信仰の対象」にしてしまった

「信仰」を払拭することこそが、日本復活の第一歩だといいます(撮影:尾形文繁)

2019年1月に個人の才能からイノベーション論を問う『天才を殺す凡人』を刊行した北野唯我氏。同じ月に人口減少への警鐘と今後の日本のあり方を提言した『日本人の勝算』を刊行したデービッド・アトキンソン氏。2人の問題意識、執筆の動機は、いずれも「日本人の生産性」にあるという。

いまの仕組みのどこに問題があり、どこを変えれば「日本人の生産性」は上がるのか。問題意識を共有する2人が「雇用」を縦軸に語り合ったもようをお届けする。

北野:はじめに、今回の著書『日本人の勝算』を今このタイミングで書かれた背景には、どのような考えがあったのでしょうか?

アトキンソン:『日本人の勝算』の前作『新・生産性立国論』でも、最低賃金と生産性や、企業の規模と生産性の相関について触れています。その際に、2つの突っ込みが読者から投げかけられました。

1つ目は、問題提起はしているが、どうやったら事態が改善するのか、何をするべきなのかという具体的な提言に欠けているというものです。特にどうすれば日本全体を動かすことができるのかという点が書かれていないという指摘でした。

そこで、『日本人の勝算』では人口減少時代に適応した産業構造のあり方を提示し、そこに向かっていくためのインセンティブを高めるには何をするべきかを提言したのです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)