渋沢栄一が新1万円札の「顔」になる重要な意味

渋沢栄一が新1万円札の「顔」になる重要な意味

貴重な渋沢栄一(右)と徳川宗家16代当主の徳川家達とのツーショット。渋沢は江戸時代に生まれ、明治・大正・昭和初期まで生き、日本の未来を切り開いた(写真:近現代PL/アフロ)

新元号の次は、新紙幣――。5年後の2024年に新たな紙幣が登場する。新1万円札の渋沢栄一には、「ん?」という人も多いはずだ。

渋沢栄一は「日本資本主義の父」と言われ、500近い会社の設立に尽力。第一国立銀行(現:みずほフィナンシャルグループ)や東京株式取引所(現:日本取引所グループの東京証券取引所)、東京ガス、東京海上火災(現:東京海上日動火災保険)、帝国ホテル、開拓使麦酒醸造所(現:サッポロビール)など、今も歴史を積み上げている大企業も多い。まさに「偉大なベンチャーキャピタリスト」とも言えるが、その玄孫に当たるのがコモンズ投信の渋澤健会長だ。健氏に新紙幣が登場する時代的な意味などについて話を聞いた。

■渋沢栄一が新1万円札の肖像になる「偶然と必然」

渋沢栄一は私の高祖父、つまり「ひいひいじいさん」にあたります。私から見て4代遡ることになりますから当然、私自身は本人を直接知っているわけではありません。でも、彼が残した言葉は当時だけでなく現代、あるいは未来にも通じるものであると信じています。

新紙幣が流通する2024年は、恐らく今以上にキャッシュレス化が進んでいるでしょう。

新紙幣の話が決定してからは、「これからの時代に果たして紙幣は必要なのか」という意見も聞こえてきます。

確かに、お金の役割が、モノやサービスを購入するための交換手段だけであれば、キャッシュレスでも問題ありません。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)