りぼん男性編集長が仕掛ける異色アイドル漫画

りぼん男性編集長が仕掛ける異色アイドル漫画

牧野あおい『さよならミニスカート』ヒットの仕掛人、『りぼん』の相田聡一編集長(撮影:尾形文繁)

男子生徒:「変質者怖がってるくせに なんでそんなスカート短けーの? そんなに怖いならスラックス履けよなー 結局さぁー 男に媚び売るために履いてんだろ? スカートなんかさー 説得力無ェんだよ そんなの触られて当たり前…」

主人公:「(ドン)スカートは あんたらみたいな男のために履いてんじゃねえよ」

痴漢被害に遭った女子生徒:「もーっ ひっどぉ〜いっ 沖田くん!ホントに恐かったんだからぁ〜っ 今度そーいう事言ったらおこるよっ(ぷんっ)」「もーっ みんな大げさっ!たかが太ももだよお!?」

男子生徒:「やっぱモテるのは あーいう子だよなーっ」

これは、高校のアイドル的存在である女子生徒が、変質者の被害に遭ってしまった――そんな緊迫した場面でのクラスの様子を描いた、ある漫画の1シーン(一部のセリフを抜粋)だ。短い掛け合いにもかかわらず、性的被害をめぐっての男と女、そして女と女の間の深刻な断絶を鋭くえぐり出している。

■発行部数10万部超え

この漫画は、牧野あおい作『さよならミニスカート』。今、ヒット中の少女漫画だ。連載されているのは、小学生向け月刊少女漫画誌『りぼん』(集英社)。

2018年の9月号から連載が開始され、2018年11月に単行本第1巻が発売されるや、たちまち発行部数は10万部を超え、重版もかかっている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)