中国ラッキンコーヒー、「スタバ超え」の突破力

中国ラッキンコーヒー、「スタバ超え」の突破力

中国カフェ"スタバ超え"挑む

中国ラッキンコーヒー、「スタバ超え」の突破力

ラッキンコーヒーで頼んだアメリカンコーヒー。ブランドモデルには、中国で有名な俳優や女優を起用している(記者撮影)

スマートフォンのアプリで注文すれば、店頭で並ばずにコーヒーを受け取れる。そんなカフェが今、中国で話題を集めている。

配車サービスを手がける神州優車の元COO、銭治亜氏が2017年に設立したカフェチェーン「luckin coffee(ラッキンコーヒー)」は、2018年1月に北京と上海に店を構え、そこから店舗網を急拡大。わずか1年で、総店舗数は2000店舗超に達した(2018年12月末時点)。さらに、2019年末までに4500店舗越えを目指すという。

現時点で中国最大のカフェチェーンであるスターバックスが、20年前に中国に初出店してから現在に至るまでに3600店舗を出店している。ラッキンコーヒーの出店スピードは、それをはるかに陵駕しているのだ。

ラッキンコーヒーにとって追い風になっているのが、現地におけるコーヒー消費量の拡大だ。中国のコーヒー消費量は年率15%で成長している。三井物産北京事務所の岸田英明シニアアナリストは「中国の1家庭あたりの可処分所得は、昨年の時点で1万2000ドル(133万円)超。都市部は1万5000ドル(167万円)に届くところまできた。

この域になると、嗜好品や付加価値の高いサービスの需要が増えてくる」と指摘する。所得の拡大に伴い、中国でも嗜好品であるコーヒーをたしなむ人が増えてきている、というわけだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)