新宿、次の「大改造」で京王の駅は混雑緩和する?

新宿、次の「大改造」で京王の駅は混雑緩和する?

京王線新宿駅。地上には京王百貨店が建つ(写真:Ryuji/PIXTA)

京王電鉄のターミナルである新宿駅。1日当たりの乗降人員は、京王線新宿駅と都営地下鉄新宿線が乗り入れる京王新線新宿駅を合わせて約78万6000人(2017年度)と、隣接する小田急電鉄新宿駅の約50万6200人を大きく上回る。

極めて多くの人が利用する京王線新宿駅だが、乗り場の数は小田急よりも少なく慢性的な混雑に悩まされている。ホームは3面しかなく、かつ特急や準特急が折り返す2番ホームや3番ホームにはいつも乗客が列をなし、その間に挟まれた降車ホームは到着した列車から降りた客が階段を上がろうと順番を待っている。

階段を上がった降車客の多くはJRへの連絡改札に殺到し、改札を抜けるとJR線連絡通路の階段の手前で人が滞留する。この連絡通路が一段低くなっているのは、上に小田急の駅があるからだ。乗り換えずに新宿で降りる人は別の改札に流れるものの、そちらもつねに多くの利用者がある。

■新宿駅の工事はまだ続く

その京王線新宿駅で、人の流動を改善すべくホームを北側に移設し、現ホームと同じフロアに改札口を設けようという計画がある。

現在、JR新宿駅では東西自由通路の工事が行われている。新宿駅の東西間の移動は入場券を買うか、北側の東京メトロ丸ノ内線の駅部分を遠回りするかしないと地下通路での移動は不可能だが、自由通路が完成すると東西の移動が便利になる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)