マツダ「CX-30」は、兄弟車と何がどう違うのか

マツダ「CX-30」は、兄弟車と何がどう違うのか

スイスのジュネーブ国際モーターショーで公開されたマツダの新型SUV「CX-30」(写真:マツダメディアウェブサイト)

3月にスイスで開かれた今年のジュネーブ国際モーターショーで、マツダのまったく新しい車種として「CX-30」が公開された。マツダ独創の「魂動」デザインは評判が高いが、CX-30も美しいとの評価とともに、従来のCX-3から進化した実用性や、ちょうどいいと思わせる車両の大きさなど、全方位的な好評を得ている。

先に、昨年のロサンゼルス(LA)オートショーで公開されたマツダ3(国内名はアクセラ)とともに、CX-30は、マツダが2018年4月の決算に合わせて発表した、新しい車両構造技術「SKYACTIV・ビークル・アーキテクチャー」の第2弾(マツダ3が第1弾)となる。

■マツダにとって欠かせないSUV

マツダは、年間販売200万台規模の自動車メーカーを目指しており、着実に進歩を続け、現在は160万台規模に成長している。それを後押ししているのが、2012年にマツダが新世代商品群第1弾として投入したCX-5をはじめとするSUV(スポーツ多目的車)だ。当時、SUVは販売構成の10数%を占める程度であったが、今日では半数近くをSUVが占めるようになった。

CX-5のあと、より小型のCX-3が投入され、海外ではCX-9などSUVの裾野を広げつつ、2016年のCX-5の2代目以降は、3列シートを採用したCX-8が国内市場に導入され、2代目CX-5とともに国内市場を牽引している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)