北朝鮮の非核化問題は「三すくみ」状態に

北朝鮮の非核化問題は「三すくみ」状態に

4月11日、ホワイトハウスで韓国の文大統領(中央左)と会談するトランプ大統領(写真:CNP/DPA/共同通信イメージズ)

今年の4月11日は朝鮮半島に関する大きなニュースが重なった特異な日だった。

ワシントンではアメリカのドナルド・トランプ大統領と韓国の文在寅大統領が北朝鮮の非核化などをめぐって会談し、同じタイミングで北朝鮮の首都・平壌では国会にあたる最高人民会議が開催されていた。

スイスのジュネーブでは、東京電力福島第一原発事故の被災地などからの水産物を韓国政府が全面禁輸としていることについて、世界貿易機関(WTO)の上級委員会が日本逆転敗訴の判決を出した。一方、韓国の釜山では地元自治体が日本総領事館近くの歩道に設けられていた徴用工像を近くの公園内に移すことを認め、翌日撤去された。なんともあわただしい一日だった。

■文大統領にとって「起死回生」の訪米

そんな中で最も注目されたのは非核化をめぐるアメリカ、韓国、北朝鮮の動きだった。まず米韓首脳会談だが、相性が悪いといわれているトランプ大統領と文大統領が対北政策をめぐってぶつかってしまうのではと心配されたが、表向きは「米韓両国は北朝鮮問題で緊密な協力関係を続けていくことが重要であることを確認した」(ホワイトハウスの公表文書)としている。しかし、内実はかなり意見の違いがあったようだ。

2月末にハノイで行われた2回目の米朝首脳会談が決裂したことで、最も大きなダメージを受けたのは韓国の文大統領だと言われている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)