落語家・瀧川鯉昇がひたすら紡ぐ世界観の魅力

落語家・瀧川鯉昇がひたすら紡ぐ世界観の魅力

瀧川鯉昇(写真:株式会社音映システム提供)

日頃、野球の連載コラムを執筆している筆者は35年ほど前、2年だけ事務職として落語界に身を置いていた半端者である。今回、新連載として「噺の話 5000文字」と銘打ち、噺家に芸談を聞くコラムを始めることになった。公益社団法人落語芸術協会などの協力を得て、噺家へのインタビューをもとに落語の世界を案内したい。(以下敬称略)

第1回は、瀧川鯉昇(たきがわ りしょう)。今、寄席で最も面白い噺家の1人だろう。

名前にちなむ「鯉」というテンポの速い出囃子で高座に上がる。この「出」も実に心地よい。座布団に腰を落ち着けると、鯉昇は「にっ」と笑顔を浮かべるが、なかなか声を出さない。沈黙に堪えられなくなって客席が笑い声を上げると、おもむろに話し始める。

本人は「高座でどこまで黙っていられるか」にこだわっているというが、ある放送局のプロデューサーから「客の笑い声があればそのまま使いますけど、客の笑い声がないと、放送事故になります」と言われたという。

落語の本題に入る前の導入部を「マクラ」というが、この「マクラ」で客席をぐっと引き付ける。

「少し暖かい日が続いておりましたが、ようやく冬らしい寒さが戻ってまいりました。寒さは戻ってきましたが、女房は戻ってこない」

丁寧な口調で話しつつ、ぼそっと落とす。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)