アルファロメオ「初のSUV」が日本で売れる理由

アルファロメオ「初のSUV」が日本で売れる理由

昨年の日本カー・オブ・ザ・イヤーで10ベストカーに選ばれた「アルファロメオ・ステルヴィオ」(筆者撮影)

アルファロメオといえば、100年を超える歴史をもち、第2次世界大戦前には、黎明期のモータースポーツで華々しい実績を残し、その実力を世界に知らしめたイタリア国有の超高級スポーツカーメーカーとして存在した。イタリアの敗戦後、量産車メーカーとして再出発。戦前同様、動力性能のよさには定評があったものの、ビジネスはあまり得意ではなく、1986年にフィアット傘下となり、それまで後輪駆動が中心だったラインナップは、フィアット車ベースの前輪駆動モデルが中心となっていた。

それが2017年以降、彼らが「ジョルジオ・プラットフォーム」と呼ぶエンジン縦置き用、すなわち後輪駆動用の新開発プラットフォームを用いたジュリアとステルヴィオを発売することによって、アルファロメオは、戦前のとは言わないまでも、60年代の栄光を取り戻すかのような輝きを放っているようにも見える。日本でもグローバルでも、当面の好調は維持されるのだろう。昔から得意としてきた「官能的」「スポーティー」「ハイパフォーマンス」といったキーワードによって、彼らが電動化の時代、自動運転化の時代をどう乗り切るのか非常に興味深い。

今後、アルファロメオは日本ではどのような存在になっていくのか。アルファロメオ、ジープ、フィアット、アバルトといった、イタリア車やアメリカ車のブランドを日本で展開するFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の日本法人であるFCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長兼CEOに聞いた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)