台湾に行ったら「ベジタリアン」料理が凄すぎた

台湾に行ったら「ベジタリアン」料理が凄すぎた

台湾といえば、市場の屋台だが、そこでも素食があふれている。看板にある卍(写真右上)は素食を意味している(筆者撮影)

台湾に出かける人の楽しみの多くはグルメだろう。もちろん中華料理が人気だが、夜市の屋台などで食べる魯肉飯(ルーローファン・豚肉煮込みかけご飯)や小籠包(ショーロンポー)、牛肉麺(ニョウローメン)など肉料理が多彩だ。

■台湾素食が人気になっている

最近、台湾素食(そしょく・スーシーと読む)が注目されていることをご存じだろうか? 

中国語の素食とは菜食(ベジタリアン食)やヴィーガン(VEGAN)食に近いものを意味する。

日本ではまだヴィーガンという言葉を知らない人も多いだろう。ベジタリアンが穀物や野菜を中心に食べる人という意味で使われているのに対して、ヴィーガンは動物愛護の観点などから徹底的に動物性食品を口にしない人(食生活以外でも毛皮のコートや革製品なども身につけない人)のことを指す。

ヴィーガンの人は牛乳や卵も口にしない。味噌汁もカツオだしは不可だ。昆布やシイタケなど、植物性のだしのみを口にする。

なぜ、牛乳や卵も口にしないのかといえば、それらが肉食と同様に家畜に苦痛を強いているとの考えだ。例えば卵。卵を産ませる採卵鶏を孵化させたら当然、半分はオスのヒヨコが生まれる。オスは卵を産まないから不良品であり、生まれてすぐにシュレッダーなどで殺処分されている。

ではメスのヒヨコはどうか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)