「女性の事務系仕事」は令和時代に生き残れるか

「女性の事務系仕事」は令和時代に生き残れるか

急速にAIビジネスが成長してゆくなか、いままでは女性が主に活躍していた業種がなくなってゆく可能性を筆者は指摘します(写真:kikuo/PIXTA)

2019年5月1日、皇太子さまが即位され令和の時代が始まる。令和の日本を担っていくのは今の若手社員たちであり、大学や高校中学で学んでいる人たちである。

この人たちはどのような仕事に就き、どのように働いていくのだろう。中でも女性の仕事はどうなるのだろうか。

今を時めくGoogle、Facebook、Amazonなどの企業も2000年前後のころには取るに足りない存在だったことを考えると、令和30年ごろにはどのような社会になって、どのような企業が栄えているか。中でも現在大変な勢いでAIが進歩し、情報化が進展して、従来人間が行っていた仕事が奪われるといわれているが、これは女性の仕事と生き方にどう影響するか考えてみたい。

■AIによって仕事が淘汰される時代へ突入

2015年にオックスフォード大学のオズボーン准教授らと野村総研の研究チームは、2045年ごろには現在の仕事の49%が自動化されるという予測を発表した。

その後、個々の仕事を細かくばらしてみると、自動化できるものとできないものがあり、新しく生まれる仕事もあると議論は深まっているが、職場も仕事の内容も平成時代と比べ大きく変わる。今後、単純な仕事はAIなどに置き換えられていき、人間にしかできない高度な仕事をする人が引っ張りだこになって格差が広がっていくと予想されている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)