西村京太郎が告白「最近の列車は殺しにくいね」

西村京太郎が告白「最近の列車は殺しにくいね」

帝国ホテルでの吉川英治文庫賞贈呈式で、西村京太郎先生にお祝いに描いてきた色紙をプレゼント(筆者撮影)

前回、トラベルミステリーの第一人者、西村京太郎先生の執筆方法や、アイデアの出し方について、インタビュー記事を書いた。

その西村先生が、このたび「第4回吉川英治文庫賞」を受賞された。

吉川英治文庫賞とは『三国志』『新・水滸伝』など数多くの作品を書かれた吉川英治氏の偉業を記念して、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が、1967(昭和42)年に設立したもの。今までの文学賞、文化賞に加え、1980(昭和55)年より文学新人賞、2016(平成28)年より文庫賞が新たに設置された。

先生は第1回の吉川英治文庫賞から毎年候補に上がっていたので、満を持しての受賞だ。受賞した作品はもちろん「十津川警部シリーズ」である。

「十津川警部シリーズ」の主役、十津川省三は警視庁捜査一課の警部。初登場では30歳の警部補だったが、その後、警部に昇進し、40歳に。それ以降の作品では歳をとっていない。2時間ドラマの原作としても人気の高い「十津川警部シリーズ」について、再び西村先生にお話を伺った。

■難しい名前の人物は犯人?

――「十津川」と聞くと、鉄道ファンは真っ先に北海道の新十津川駅が思い浮かびます。

由来は奈良県の十津川村から。ちなみに奈良県の十津川村では観光大使、北海道の新十津川町では応援大使をやっていますよ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)