日産「デイズ」に東芝電池が採用された深いワケ

日産「デイズ」に東芝電池が採用された深いワケ

東芝は日産自動車から初めてリチウムイオン2次電池を受注し、新型軽自動車「デイズ」に採用された(編集部撮影)

東芝復活の試金石となるか――。

経営再建中の東芝が次の成長の柱に掲げるリチウムイオン2次電池「SCiB」で日産自動車から初めて受注した。日産が約6年ぶりに全面刷新した新型軽自動車「デイズ」に採用(共同開発した三菱自動車の新型軽「eK」にも採用)。東芝がカルソニックカンセイにセルを提供し、カルソニックカンセイがセルを集めてモジュール化して日産に納入を始めている。

新型デイズは簡易型となる「マイルドハイブリッドシステム」をラインナップに採用。減速時の車輪の回転力をモーターへ伝え、モーターで電気を発生させて蓄電池に充電し、加速時には電力として再利用する仕組みだ。デイズはリチウムイオンバッテリーを採用。モーターを小型化しながらも、新たに採用した東芝製蓄電池と組み合わせることで、エネルギーの回生量を従来に比べて2倍に引き上げている。

「新型デイズは東芝製電池でないと多くの条件を満たせなかった」。日産の開発エンジニアはそう明かす。自動車の運転は加減速が多いため、急速な充電が必要なうえ、高い耐久性と安全性が求められる。東芝製電池はこうした急速充電、安全、長寿命の評価が高く、使いやすいという。

■「テスラへの搭載を目指すわけではない」

東芝はこれまでも小型車を中心とした車載用電池を受注してきた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)