「天皇陵」の真実をどれだけ知っていますか

「天皇陵」の真実をどれだけ知っていますか

あまりにも有名な仁徳天皇陵(写真:泣き虫/ PIXTA)

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ。「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。

蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「天皇陵」。意外と知らない基本中の基本から、あまり知られていない逸話まで。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。

この連載の一覧はこちら

01 天皇、皇后、太皇太后、皇太后を葬る所を「陵」という。

02 その他の皇族である皇子や皇女を葬る所を「墓」という。

03 皇族の墓である可能性があるもので、被葬者を特定せず宮内庁が管理している墓所は「陵墓参考地」と呼ぶ。

04 さらに分骨所、火葬塚、灰塚、髪歯爪を納めた塔や塚、本葬前に仮葬をした殯斂地も含めて陵墓と総称される。

05 宮内庁が管理する陵墓の総数は陵墓参考地を含め897。

06 陵は188あり、そのうち歴代天皇陵は112箇所。

07 陵墓の所在地は兆域の重複を差し引いても459箇所。北は山形、南は鹿児島まで1都2府30県に分布している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)