仕事が「早い人」「遅い人」の事前準備の決定的な差

仕事が「早い人」「遅い人」の事前準備の決定的な差

初速を上げるためには、「心理的ハードル」を下げることが大切です(写真:metamorworks/PIXTA)

日本の企業では、残業をいとわず、長い時間をかけて丁寧な仕事をすることが求められてきましたが、そうした働き方は、すでに許されない状況を迎えています。現在のビジネスパーソンに求められているのは、従来型の「じっくりと時間をかけた仕事」ではなく、短い時間で成果を出し続ける「スピード感のある仕事」なのです。

スピード感のある仕事とは、どのようなものなのか? ベストセラー『トップ5%社員』シリーズの著者である越川慎司氏は、「仕事の初速が早いこと」だと言います。初速とは? 氏の新刊『仕事は初速が9割』をもとに、3回に渡り解説します(今回は2回目)。

前回は、成果を出すための「初速」の重要性をお伝えしましたが、今回は、早く動き出すための「準備」に焦点を当てます。

初速を上げて、早く成果にたどり着くためには、これから始めるタスクの解像度を上げるだけでなく、前向きにタスクと向き合えるように感情をコントロールするなど、さまざまな準備が必要です。

心理的ハードルを下げよう!初速を上げるためには、「心理的ハードル」を下げることが大切です。成果を求めるあまり、必要以上に大きな目標を掲げてしまうと、気後れして、動き出しが鈍くなります。そうなると、動き始めることを、ためらう気持ちも芽生えてきます。

山登りの経験のない人が、いきなり「明日、エベレストにアタックしよう!」と考えるのは、あまりにも無謀な発想です。最初の一歩が踏み出せないどころか、最悪の場合は、命を落とす危険性があります。

続きは 東洋経済オンライン で

関連記事(外部サイト)