「ディーラー車検は高い」と言われる真相と本音

「ディーラー車検は高い」と言われる真相と本音

ディーラー車検「高い」真相

「ディーラー車検は高い」と言われる真相と本音

クルマを所有していれば、必ずやってくる車検(写真:キャプテンフック / PIXTA)

クルマを愛用している人であれば、避けて通ることができないのが「車検」というイベント。まとまった費用が必要になり、公道を走行するうえで必須の作業であり、乗用車であれば2年ごと、商用車であれば1年ごと(一部例外あり)に必ずやってくるものだ。

車検とは?検査を受ける方法は?

まず車検とは、正式には「自動車検査登録制度」といい、クルマが保安を満たしているのかを検査する制度だ。基準を満たしていない場合、整備して再検査を受ける必要がある。また、車検が切れている状態では公道を走ることもできず、車検切れの状態で公道を走行すれば違反点数6点、30日間の免許停止、6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられる。

この車検を通すには、整備工場に依頼するパターンや自動車ディーラーに依頼するパターン、そして車検専門店のようなところに依頼するパターンなどさまざまな方法があり、中にはユーザー車検というオーナー自らが陸運支局に車両を持ち込んで車検を通すツワモノも存在している。

ある程度の知識と技術が必要となるユーザー車検は例外として、車検を通すには車種にもよるが安くても10万円弱、高くなると数十万円の出費が必要となるケースがほとんどだ。その中でも自動車ディーラーに依頼すると高額になるケースが多いと言われており、できるだけ出費を抑えたいユーザーは格安をうたう車検専門店に依頼する人も少なくない。

なぜ、“ディーラー車検は高い”と言われてしまうのだろうか? その真相について今回はお伝えしたい。

続きは 東洋経済オンライン で

関連記事(外部サイト)