日経平均株価の下値メドは一体いくらなのか?

日経平均株価の下値メドは一体いくらなのか?

トランプ大統領は果たしてどこまで本気なのか(写真:ロイター/アフロ)

波乱の幕明けとなった令和相場。米中通商協議の暗転が世界的な株安を招き「祝賀ムード」に水を差した格好になっている。果たしてこの急落は押し目買いの好機となるのだろうか。テクニカル面から日本株の見通しを探ってみた。

■上海総合指数は2700〜2800ポイントで下げ止まる?

5月5日、アメリカのドナルド・トランプ米大統領が2000億ドル分(約22兆円)の中国製品に対する制裁関税の引き上げを表明したことから、米中通商問題への警戒感が一気に高まった。
6日の上海総合指数は5%を超える急落となったものの、7〜8日は2900ポイント前後で下げ渋っている。

昨秋からの中国政府による景気刺激策が徐々に浸透しているのか、経済指標の一部には改善傾向もうかがえる。4月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は2ヵ月連続で好不況の分かれ目とされる50を上回ってきた。

一方、テクニカル面から上海総合指数を見ると、足元のスピード調整は想定内ともいえる。2010年以降に上海総合指数が上昇した年は4回あるが、その年平均は+18%にとどまる。それに対し、今回の上昇局面では2018年末値(2493ポイント)を起点にすると、2019年4月の高値(3270ポイント)時点で年初来+31%に達していた。8日時点では年初来+16%台まで落ち着いてきた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)