あなたの部下が「報連相」しない本当の理由

あなたの部下が「報連相」しない本当の理由

何気ない言葉の使い方ひとつでも、間違えれば部下の信用をなくす原因になってしまいます(写真:mits/PIXTA)

「部下からの報連相(報告・連絡・相談)が思うように上がってこない」――。

講演や研修を通じて、たくさんのリーダーの方たちから筆者の元にさまざまな相談が来ます。その中でも圧倒的に多いのが冒頭の「報連相が上がってこない」というものです。

おそらく、リーダーの悩みの上位3位以内に入るのではないかと思います。実際、私も会社員時代、リーダーとして営業部隊を率いていたのですが、部下から思うように情報が上がってこないことにつねにイライラしていました。

部下に「報連相」を絶対に上げさせようと、高圧的に命じて、厳しく管理していました。また、部下が「報連相」を怠るたびに、激しく叱責していました。

■「報連相」が上がってくる5つの方法

ところが、まったく効果が出ず揚げ句のはてに部下たちからそっぽを向かれる始末。また、このようなことが在籍した複数の会社で繰り返し発生し、降格人事を3回も食らうハメになりました。

3回目の降格人事ののち、再びリーダーに復帰した私は、とにかく「このままじゃいけない」と思い、「もし自分が部下の立場だったら」という視点から考え直すことにしました。そして、さまざまな試行錯誤をした結果、拙著『部下に9割任せる!』でも紹介している次の5つの方法にたどり着きました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)