レクサス初のミニバン「LM」は、どんな車なのか

レクサス初のミニバン「LM」は、どんな車なのか

4月の上海モーターショーでお披露目されたレクサス初のミニバン「LM」(編集部撮影)

トヨタの「顔」の1つと言えるハイエースは1967年に登場した商用モデルだ。使い勝手のよさはもちろん、絶大な信頼性も相まって今や世界150カ国で販売される人気モデルとなっている。2004年に登場した現行モデルから商用メインとなったが、それ以前は乗用のワゴンも設定され、当時は「ワンボックス界のクラウン」と称されていたほどである。

そんなハイエースワゴンの末裔が「アルファード/ヴェルファイア」。その歴史を振り返ると、1995年に欧州の衝突基準を満たすためにセミキャブオーバー化された、欧州向けハイエースがベースの乗用モデル「グランビア」の事実上の後継モデルとして2002年に登場。2008年に登場した2代目はアルファードに加えて、よりイケイケなフロントマスクが与えられた兄弟車「ヴェルファイア」も登場した。

この頃から、押し出しのあるフロントマスクに広い室内スペース、そして豪華な装備などからファミリーユースのみならず、芸能人や会社役員送迎車などビジネスユースとしても幅広く活用されるようになった。

■以前から企画があったレクサスのミニバン

そして2015年に3代目となる現行モデルが登場。開発コンセプトは「大空間高級サルーン」でミニバンではなく高級車の1つとして開発。エクステリアはアルファード/ヴェルファイアともに、より存在感を高めたフロントマスクやより豪華になったインテリア、さまざまなシートアレンジを採用。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)