カリスマ投資家が資産3億円まで増やせた理由

カリスマ投資家が資産3億円まで増やせた理由

カリスマ投資家の内田さんは借金生活から資産3億円に。成功のきっかけは何だったのか(写真はイメージ:アン・デオール/PIXTA)

令和相場は波乱の幕開けとなったが、カリスマ投資家の内田衛氏はあらかじめポジションを軽くしていたため、あまり関係がなかったようだ。カードローンと父親からの借金で株投資を始めた内田氏はバブル崩壊で大失敗したが、今の資産は3億円。何が復活のきっかけだったのだろうか。

■かんぽ生命が8日続落、2年5カ月ぶりの安値に

【4月22日 月曜日】先週末の日経225先物は、10円安の2万2190円。NY市場は、グッドフライデーの祝日のため休場。1ドル=111.92円、1ユーロ=125.88円。

今日は、所得税の口座引き落とし日で、金額が過去最高の高級車1台分と高額だったので、無事に引き落としの確認ができてホッとした。4月15日に公募売り出し価格が2375円で決まったかんぽ生命(7181)は、91円安(3.96%)の2204円と8日続落で、2年5カ月ぶりの安値を付けた。

公募売り出しで買った株式は、明日から売ることができる。しかし、今日だけで年間配当72円以上の下げできついな。売り出し価格の2375円だって、4月15日の終値2474円(前日比111円安)から4%ディスカウントされた2375円になっているのに、厳しい下げだな。

通常は、2375円と2474円の4%の間で推移し、公募株が売れるようになっても2375円を上回って株価が推移することが多いのだが、最近の公募(PO)ではそうでもない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)