「結婚しない派」男性が40歳過ぎて変心したワケ

「結婚しない派」男性が40歳過ぎて変心したワケ

毎日一緒に食事をしても心地よさを覚えるような相手を強く求めたときが、その人にとっての結婚適齢期なのかもしれない(イラスト:堀江篤史)

東北地方にあるカフェに来ている。飲食店経営者の伊藤裕也さん(仮名、49歳)は約束の時間から30分ほど遅れて来てくれた。1年半前に開業した店がようやく軌道に乗り、営業時間外も仕込みや掃除で多忙を極めているという。

引き締まった長身で、使い込んだライダースジャケットを身に着けている裕也さん。少しだけ白髪は見えるが、整った顔立ちで肌艶もいい。刑事ドラマに出てくる俳優のような若々しい男性だ。

「ストレスもないし、苦労してないからですよ」

爽やかに笑う裕也さん。結婚をしたのは4年前、同じく初婚の利律子さん(仮名、36歳)と1年半ほど付き合ってから入籍をした。

■「好かれそうな自分」を演じる癖がついていた

20代から30代を通して、国内外の職を転々とする風来坊的な生活を送っていた裕也さん。若い頃は「本当の自分は誰にも受け入れてもらえない。自己完結しなくちゃいけない」という気持ちが強かったと振り返る。

「子どもの頃に母親から『90点以下は点じゃない』などと言われ続けた影響かもしれません。親が望むような子にならなくちゃいけない、素の自分は受け入れてもらえない、と思っていました。社会に出ていろんな人に会うことで、その呪縛から抜け出せたのでしょう」

ただし、裕也さんの自己解放ペースは緩やかなものだった。人の前では無理をして「好かれそうな自分」を演じる癖がついてしまい、それに疲れて1人になりたいと願うことの繰り返し。恋人に対してもあけすけに自分を語ることはできなかった。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)