花王「アタックZERO」の洗濯男子が愛される理由

花王「アタックZERO」の洗濯男子が愛される理由

花王「アタックZERO」の洗濯男子が愛される理由

あなたのお気に入りのCMは、何位にランクインしているだろうか?

CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。

最新の2019年5月前期(2019年4月20日〜2019年5月4日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。

■完全リニューアルに見える自信と覚悟 

松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人、間宮祥太朗、杉野遥亮。今をときめく人気俳優5人をぜいたくに起用し、大規模なプロモーションを展開している花王「アタックZERO」が広く話題を集めている。広告だけでなく、ドラッグストアやスーパーはもちろんコンビニエンスストアでも、商品がフルラインナップで陳列されていることも多く、実際に店頭で目にした方も多いのではないだろうか。

同商品は花王が独自に研究開発した洗浄基剤「バイオIOS」を主成分とする衣料用濃縮液体洗剤で、“アタック液体史上最高の洗浄力”を実現したという。30年以上のロングセラーである「アタック」ブランドを完全リニューアルし、一本化に踏み切ったのだからその自信と覚悟は相当のものだろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)