2025年「黒子化する」銀行が生き残る5つの条件

2025年「黒子化する」銀行が生き残る5つの条件

デジタル化で未来の銀行はどうなるのでしょうか(写真:altmodern/iStock)

厚生労働省は現在、デジタルマネーでの給与支払いの解禁に動いている。「給与振込指定口座」を押さえていることは、これまで銀行の個人取引における絶対的な強みだった。しかし、デジタルマネーで個人が保有するウォレット(電子的な財布)に直接給与振り込みが行われるようになれば、その強みが失われる可能性が見えてくる。

デジタルマネーの扱いに慣れた若年層にとっては、ウォレットのほうが便利だからだ。クレジットカード利用額の引き落としのために、ウォレットから銀行口座に「チャージする」……。10年後にはそんな未来が待っているかもしれない。デジタル化が進むと、銀行はどうなっていくのだろうか。『BANK4.0 未来の銀行』を翻訳(共訳)したNTTデータ経営研究所の上野博氏が解説する。

■黒子化する金融サービス

現在、自家用車を購入するとしたら、私たちはどのように考え、行動するだろうか。おそらくまず、自分の家族構成、クルマの利用の仕方や嗜好、経済状態などを念頭に置きながら情報収集をして、買いたいクルマの候補を絞り込んでいくだろう。そしてディーラーのショールームを訪ね、買いたいクルマが決まったら見積書を作成してもらう。

その際、ディーラーで「購入資金はどうされますか?」と尋ねられて、手持ち資金で全額を賄えないならば、借り入れを検討することになる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)